浴室ドア付近の汚れ

浴室の中で一般の方がおそうじしにくい場所と

いったら、入口のドア下部のついた水垢やドアの外側、

ドア下部のレールなどでは?と思います。

 

もちろん、浴槽全面のエプロンカバーがはずれる場合は

外さないとおそうじできない浴槽下のカビなどの汚れも

ありますが、今回はドア付近の汚れについて・・・

 

201301154.jpg

201301153.jpg

 

少し私の影が入って見にくいですが、ドア下部のレール付近

には水垢、髪の毛、ホコリなどが蓄積されています。

ドア下部を中心に水垢、カビ、石鹸カスやシャンプーなどの

飛び散り、通風口にはホコリやカビといった感じでしょうか。

 

201301156.jpg
201301155.jpg

 

一枚だけ画像サイズが違いますね。

撮影サイズを間違えました。

 

ドアのパッキンのカビは取れませんでしたが、

汚れがスッキリです。

 

我々みたいな業者は入口のドアは外してクリーニングするんです。

外して外側、内側、可能な場合はドアの下部にも汚れが

溜まっていますからクリーニングします。

ここを出来るだけそうじしておかないとドアを取り付けてから

レールに汚れが付着することが多いです。

 

ドアをとると下部のレールが脱着できる場合もありますから

はずしてクリーニングすると早く綺麗になります。

 

こんな感じで浴室クリーニングをやっております。

 

エアコンクリーニング 尼崎市

 

 

 

 

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です