ダイキンのエアコンクリーニング(テスト編)

ダイキンのフィルターお掃除機能付きエアコンのクリーニングをおこなってきました。

AN40KRPJです。

AN50KRPJ、AN63KRPJ、AN71KRPJ、AN-22KRSJ、AN-25KRSJ、AN-28KRSJ、AN-36KRSJなども能力の差だけで基本的に同じ機種です。

ただ今回は、よりきれいにするためにテスト的に分解度合を上げています。

201606132 201606131

フィルターがねじれてフィルター自動清掃機能が働かない状態でしたので熱交換機はほこりが溜まった状態です。

最近のダイキンはドレンパンと本体が一体型ですので写真のように分解しますと取り外しクリーニングと同じようにきれいにできます。

201606133 201606134

クリーニング後の写真です。

熱交換器は裏側からも洗浄できますし結露水が流れる部分のカビやスパムもきれいにできました。

左側熱交換機を支える部品もホームセンターで売っているものを流用して簡単に安全に支えられることがわかりましたので、あとは数をこなして新メニューにしたいところです。

 

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です