LG製の洗濯機クリーニング

伊丹市でLG製の洗濯機クリーニングをおこなってきました。

一応、ホームページ上では対応不可の洗濯機として外国製の洗濯機としていますが、以前出先からのお電話でメーカーは忘れましたが日本製の洗濯機ですと伺って作業にいったところLG製でして問題なく作業完了した記憶がありますのでお受けしました。

日本製ではこんな部品をみたことがないのですがパルセーターを止めるネジがこの部品に締められます。日本製では直接モーターのシャフトだと思うのですが・・・

こちらのほうが、万一ネジが錆等で破損した場合のことを考えるとこの部品さえ交換したらよいので最適です。今まで破損したことはありません。

分解してみると

洗濯機の底のマス目が日本製より大きくてクリーニングしやすいです。

難点はほとんどの日本製と同じですがステンレス部分とプラスチック部分が製造時に曲げ加工されておりボルトをはずしても分解できないことです。

洗濯機クリーニング後の写真です。

1年ほど前に他店に依頼されて作業中にできませんと中止された洗濯機ですので問題なくクリーニングできて安心しました。

これからはLG製のみ対応可能にしようと思います。

 


東芝の洗濯機分解クリーニング AW-60SDF

尼崎市で東芝の洗濯機分解クリーニング(AW-60SDF)をおこなってきました。

3年半前ぐらいにもご依頼いただいたのですが、市販の洗濯槽クリーナーを使用したところ汚れカスがどんどん出てくるようになったみたいです。

市販の洗濯槽クリーナーは新品からか洗濯機クリーニング後に1~2か月ごとに定期的に使用するといいのでは?と思っております。

今回の機種はなんとかプラスチック部分とステンレス部分が分解できましたので、重なりあった部分の汚れが除去できて試運転後のクズ取りネットにも汚れはなく一人大満足のクリーニングでした!

最近の機種はここが製造時にプレスされているので分解できないのがほとんどで、仕方がないですがクリーニング後でも多少汚れが出てくるのでやるせない気持ちです。


日立ビートウォッシュの洗濯機分解クリーニング

伊丹市で日立ビートウォッシュの洗濯機分解クリーニングをおこなってきました。

型式はBW-V100Aです。BW-V90Aも洗濯容量の違いだけだと思いますので同じような分解例になると思います。

洗濯機クリーニング前の写真です。

3年ほどの使用みたいですが結構汚れています。

10㎏の洗濯機ってヒーター付きの洗濯乾燥機しかないものと思っていましたがヒーターなしのエアジェット乾燥のタイプもあるんですね!

あいにく、ステンレス部分とプラスチック部分が製造時にプレスされていますのでこれ以上は分解できませんでした。

穴が開いているところやステンレスとプラスチック部分の隙間から勢いよく水を流すぐらいしかできません。

でも、結構な汚れが出てくるんです。

時間をかけて汚れがほぼ出なくなるまで流して、お客様に確認していただいて組み立てて試運転して完了しました。

お客様には説明していますが試運転後のクズ取りネットには少し汚れが入っていましたが分解できない限りしかたがないですね。


日立ビートウォッシュBW-8WV の分解クリーニング

日立ビートウォッシュBW-8WV の洗濯機分解クリーニングをおこなってきました。

年末の浴室クリーニングのあとに洗濯ものに、汚れカスがよく付着するということですので、その場でパルセーターという部品を外してみると・・・えらいことになっていました。

2015年製ですから約3年でこの汚れです。

色の薄い汚れは洗剤や柔軟剤の入れすぎや溶けきらなかったのが原因かもしれません。案外、硬い汚れでクリーニングに時間がかかりました。

クリーニング後の写真です。

汚れにくくする予防策を数点お伝えして作業終了となりました。

 


東芝の洗濯機分解クリーニング AW-505

伊丹市で東芝の洗濯機 AW-505 を分解クリーニングしてきました。

5年ぐらい使用とのことですが時々、洗濯物に汚れが付着するとのことでご依頼いただきました。

分解するまでは軽い汚れなのかな!?と思いましたが分解すると結構な汚れです。

最近では珍しくステンレス部分とプラスチック部分が上下共に分解できて汚れもスッキリ綺麗になりました。

ここが分解できないとクリーニングする側もスッキリしませんが最近の機種は分解できないタイプが多いので5㎝ぐらいのステンレス部分とプラスチック部分が重なりあった部分から汚れが出る場合があります。

お客様にはクリーニング前後の雲泥の差をご確認いただいてご納得いただいてはいるのですが・・・すっきりしませんね。

 


東芝の洗濯機クリーニング AW-70DJ

東芝の洗濯機 AW-70DJ を分解クリーニングしてきました。

3年ほど前にもクリーニングしていただいたのですが、また、洗濯物に汚れが付着するとのことでご依頼いただきました。

お子様もいらっしゃって洗濯頻度が高いのか?結構な汚れです。

錆が多いのも気になりますが、ひょっとしたら洗濯物に鉄粉が付着することが多いのかもしれません。

汚れにくくするには、使用しない時はふたを開けておいて内部の乾燥を心掛ける、洗濯物を入れっぱなしにしない、予防的に市販の洗濯槽クリーナーを月に一度ほど使用する、洗濯洗剤の容量を守る、除菌剤、抗菌剤入りの洗剤を使用することなどでしょうか。

下部(写真では上部)の白いプラスチックとステンレスの部品は製造時にプレスされているためにネジを外しても分解できませんでした。

部品が重なり合った部分(5センチぐらい)にも汚れが溜まっているので綺麗にしたいのですが構造上あきらめるしかありません。

ネジを外した穴などにシャワーノズルのジェットで汚れが出なくなるまで水を差し込むぐらいでしょうか。

でも、大抵の場合これで組み立て後の試運転でも汚れは少しは出ますが、ほぼ気にならないぐらいまでになります。

 

 

 


洗濯機クリーニング 日立BW-80SVE1

先日エアコンクリーニングを実施していただいたお客様から洗濯機のクリーニングもご依頼いただきました。

日立BW-80SVE1という型番で2013年モデルのようです。4~5年使用といったところでしょうか。

残念ながらステンレス部分とプラスチック部分がプレスされておりネジをはずしても分解できないタイプです。

くずとりネット部分のプラスチック部品も本来は分解できませんが、ここの内側は汚れが相当溜まっていますので、少し強引に分解してみると想定どおり酷い汚れでした。

強引にとは・・・くずとりネット部分の白いプラスチック部品はネジ2本とツメ4か所ぐらいで止まっていますが、上下のプラスチック部品が邪魔でねじをはずしても通常なら分解できませんがプラスチックの弾力を利用して外しています。その際、ツメ4か所のうち1箇所ぐらいは破損するかもしれませんがネジと他のツメがありますので外れることはないと考え分解してきれいにしております。

古い機種は割とステンレス部分とプラスチック部分が上下とも分解できましたので、分解クリーニング後の試運転後に、くずとりネットにゴミが入っていないことが目標だったのですが最近は分解できない場合が多いので、洗濯機クリーニング後でも少しは汚れが出てしまうのが残念です。

 


東芝AW-70VL 洗濯機分解クリーニング

西宮市で東芝AW-70VLの 洗濯機分解クリーニングをおこなってきました。

201607246 201607247

2012年モデルです。下部に汚れが集中している感じです。

低水量でのご使用が多いのでしょうか?

最近は下部のステンレス部分とプラスチック部分が製造時にプレスされていてネジをはずしても分解できない場合が多いのですが、今回はプレスされておらず少々手こずりましたが分解できました。(プレスされていなくても分解できない場合が多いです)

この合わさった部分の汚れを見ると今回は本当に分解できてよかったと思います。

分解できなければクリーニング後でも汚れたカスが結構出ていたかもしれません。

でも、この部分は分解できても組み付けるのが非常に根気のいる作業で大変でした。

途中、分解したの失敗だったかなと思うほど・・・

でも、やっぱりきれいにしたいですね!

そのかいあって、組み付け後の1回目の試運転でもカスは浮いてませんし、ごみ取りネットにも汚れたカスは入っていませんでした。

毎回こうでありたいのですが、分解できない場合が多いので残念です。

 


洗濯機分解クリーニング 東芝AW-80DL

東芝AW-80DLの洗濯機分解クリーニングをおこなってきました。

簡易乾燥タイプです。

2013年製で汚れたカスなどは出ないのであまり汚れていないかもしれないけど予防的に、そして3年使用したらどのぐらい汚れているか今後の参考にしたいとのことでした。

201607105 201607106

分解してみるとこんな感じでした。

こんな状態で洗濯していたの~とお客様はびっくりしておられました。

201607108 201607107

クリーニング後です。

写真のようにこのタイプはステンレス部分とプラスチック部分が製造時にプレスされていますのでネジをはずしても分解できないところあります。

重なりあった部分にも汚れが溜まっています。分解できれば早くきれいにできるのですがそれができないところがもどかしいです。

でも、なにもできないのか?というとそうではありません。

重なり合った部分にネジをはずした穴と初めから空いている穴がありますので、そこにシャワーノズルのジェットで中に水を送ると下の継ぎ目や他の穴から水と一緒に汚れがたくさん出てきます。

これが写真のような状態の汚れですとびっくりするぐらい出てくるのです。

これを穴すべて汚れがほぼ出てこなくなるまでします。

この部分が分解できれば2,3分かなと思うのですが10~15分ぐらいしてましたかね!

そのかいあって、1回目の試運転ではカスがでましたが2回目ではほぼ出なくなりました。

しかし、今回の作業は嵌りました。

過去、洗濯機クリーニングではほぼノートラブルできたのですが、試運転でトラブルです。

水が溜まらなくて排水されてしまうのです。

排水バルブが開いたままのようです。水槽内部のクリーニング時に排水バルブを指で軽く押し開いて汚水を排水したのですが、そのバルブが開いたまま閉じていないと思ったので再度分解してバルブをチェックして水を入れると今度は水が溜まったのでこれで大丈夫と思って組み付けて試運転すると水が溜まらないのです。

やばい!初のメーカー修理を頼まないといけない!と思ったのですが洗濯機の裏ブタを開けてみようと思いまして開けたところ、排水バルブとバルブを動かすモーターとを連結している部品が外れていまして装着しなおすと正常にもどりました。

汚水排出時に強く押した覚えはないのですがその時に外れたようです。

時間がかかりましたが解決できてホットしました。

 

 

 


洗濯機クリーニング NA-FS90H6

西宮市で洗濯機クリーニング パナソニック  NA-FS90H6を分解クリーニングしてきました。

201605131 201605132

3年ぐらいご使用のようですが、洗濯物に汚れたカスが付着するとのことでご依頼いただきました。

201605134 201605133

クリーニング後です。洗濯槽のステンレス部分とプラスチック部分はカシメられていますので、ネジを外しても分解できませんが、5センチぐらいの重なりあった部分に汚れが溜まっていますのでネジをはずして、シャワーノズルのジェットで水を入れると下部から汚れがたくさん出てきます。

組み立て後の試運転で1回目は汚れが出てきましたが2回目でほぼ出てこなくなり作業終了となりました。

分解できたほうが早くきれいになりますので、もどかしいです。