パナソニックCS-GX407C2 エアコンクリーニング(ダストボックス式)

パナソニックCS-GX407C2 のエアコンクリーニングをおこなってきました。

パナソニックのフィルター自動清掃付きです。パナソニックは自動清掃でおそうじしたフィルターのほこりは屋外に排出するタイプを長く採用してきましたがこのタイプはほこりをダストボックスに溜めるタイプです。

お客様でおそうじした形跡がありますね!熱交換器もほこりが溜まっていますね。

一部の業者では熱交換器はあまり汚れないからと言っておそうじユニットをとりはずさずにファン部分だけおそうじして終了する業者もいるようです。

写真のように汚れます。

当店では出来るだけ分解していますので写真のようにドレンパンやファン、おそうじユニットもきれいにしております。

クリーニング後です。


ベランダの高圧洗浄

リフォーム屋さんからの依頼で賃貸物件の空室清掃にいってきました。

この物件はベランダが広くコンクリートの為、黒ずみが発生して汚く見えます。

ノンスリップシートや防水塗装仕上げなら流水とパッドやブラシで洗浄するのですがコンクリートの為、高圧洗浄機による洗浄になりました。

洗浄前と洗浄途中の写真です。コンクリートの補修あとに高圧をあてないように注意して洗浄しました。

洗浄後です。

これで内覧にも良いイメージですね!


西宮市で浴室クリーニング

西宮市で浴室クリーニングにいってきました。

5年前にレンジフードクリーニング、7年前に浴室クリーニングとエアコンクリーニングをご依頼いただいたことがあるお客様で久しぶりです。

浴室ドア下部の水垢の付着具合からすると7年間業者は入っていないような感じです。浴室床も石鹸カスや水垢、皮脂汚れが付着して一般の方では汚れを除去するのは難しいレベルですね!

ちょっとピンボケしてますね。

浴室ドアの塗装部分に水垢が付着したまま長く放置すると塗装が傷んではげたりしますので早めの処置がお勧めです。


2020年最後の仕事 フロアクリーニング

2020年最後の仕事はフロアクリーニングでした。

ここ数年の定番です。

なかなかハードな汚れです。諸事情により洗浄のみでワックスは塗布しません。

年末はヒールマーク地獄に苦労します。ここまでの状態ですと完璧にはとれませんができるだけ綺麗にしたいです。普通にポリッシャーを回していてはヒールマークは除去できません。ポリッシャーに装着したパッドと床面とのあたりを強くするためにポリッシャーを傾けてまわします。

でも、この状態ですと全面をポリッシャーを傾けて回さないといけません。

そんなときに活躍するのがウエイトです。10Kgで20,000円ぐらいです。

他の現場で使う予定もないので自作してみました。

ウエイトは2.5Kgを3個のせた7.5Kgです。ダンベルのプレートを利用してみました。いい感じで使用できました。他の現場のワックスの剥離などにも使用できそうです。

作業途中の写真とクリーニング後の写真です。ポリッシャーを斜めにする必要はなくなったのですがウエイトを装着してポリッシャーを回すとやはり疲れました。二日間ぐらい筋肉痛でした。

それとポリッシャーの飛散防止カバーもかなり古くなっていたので、こちらも自作してみました。

パッドなら古いカバーでも問題なかったのですがナイロンブラシやエンボス床用のステンレスブラシを装着すると飛散防止カバーを巻き込むことがありカバーを使っていなかったのですがこれで使用できるといいなと思います。写真のCFの上でのテストは大丈夫でしたので問題ないことを期待しています。


天井埋め込みエアコン2方向のエアコンクリーニング

天井埋め込みエアコン2方向のエアコンクリーニングをおこなってきました。

新築時からエアコンクリーニングは一度もおこなっていないようですので、今回が初めてです。7年目ぐらいです。

分解してみると

分解する前はあまり汚れていないかな?と思ったのですが結構汚れていました。ドレンパンの汚れも溜まってますね!

円筒状のファンも取り外せましたので熱交換器も両面から洗浄できます。より綺麗にできます。

クリーニング後は

こんな感じでお客様にご確認いただいて、組み立て作動確認をおこなって完了いたしました。


日立の洗濯機クリーニング BW-9TV

日立の洗濯機クリーニングをおこなってきました。簡易乾燥タイプです。

BW-9TVという型式です。

なかなかハードな汚れです。本来はステンレス槽の下側の部分はネジを外しただけでは取り外せないのですが5㎝ぐらい部品が重なっている部分に汚れが溜まっているのでお客様とご相談の上、ステンレスのプレス部分をおこしての作業です。

洗濯機クリーニングを実施したからにはクリーニング後に汚れたカスが洗濯物に付着しない!というのがクリーニングの実施目的ですから可能な限り分解して綺麗にするのがモットーと思っております。(中にはプレスをおこしても部品と部品の隙間が狭すぎて取り外せないものもあります。その際はやはり洗濯機クリーニング後でも若干汚れが出てくる場合もございます)

クリーニング後です。

今回はご実家のエアコンクリーニングもご紹介いただき、ありがとうございました。


東芝の洗濯機クリーニング AW-7D7

尼崎市で東芝の洗濯機分解クリーニングをおこなってきました。 AW-7D7という機種で簡易乾燥付きの洗濯機です。

2018年製造で2年ぐらいのご使用です。2年ぐらいなら汚れは軽いか!?と思いましたが洗濯物に汚れたカスが付着するということでまあまあの汚れだと思います。

分解してみると

洗濯機クリーニング前 洗濯機クリーニング前 洗濯機クリーニング前 洗濯機クリーニング前

まあまあの汚れですね!小さなお子さんがいらっしゃるので、いろいろ汚れますし洗濯頻度も高いのでしょう!

クリーニング後は

洗濯機クリーニング後 洗濯機クリーニング後洗濯機クリーニング後

こんな感じです。

汚れにくくする方法を聞かれましたが、

除菌剤入りの洗剤を使用する。

洗濯機を洗濯かご代わりに使用しない。

使用しないときはフタをあけておく。

洗濯が終了したら早めに洗濯物を取り出しフタを開けておく。

洗濯機置き場の換気。

市販の洗濯槽クリーナーを1か月から2か月に一回使用するぐらいでしょうか。

 


日立RAS-JT56E2E3のエアコンクリーニング

日立RAS-JT56E2E3のエアコンクリーニングをおこなってきました。

何度かご依頼頂いているお客様の息子さん宅です。

昨年に一度お話があったのですがこの機種はフィルター自動清掃付きで作業時間も通常機種の倍で作業価格も倍ですので立ち消えになっていました。

今回、時間的余裕もできたみたいでクリーニングにいってきました。

こんな感じで分解できました。

日立は2013年以前ぐらいの機種は分解しやすくてよかったのですが、それ以降分解しにくい機種になっています。電装基盤が右側だけでなく熱交換器の前面についていたり、ドレンパンも非常に脱着しにくくなっています。2013年以前の機種は少しお安くしていましたが、それ以降は税込み22,000円です。

お客様から見られると高いと思いますが写真のように出来るだけ分解していますし、フィルターの自動清掃付きは部品点数も多くリスクも高いです。

業者の中にはドレンパンも外さない、フィルターのおそうじユニットもはずさないところもあるみたいでびっくりです。単に価格比較だけでは負けてしまいますが、作業内容をみて身内やご友人をご紹介いただけることも多く助かっています。

さてクリーニング後ですが

こんな感じできれいになりました。

 


浴室と洗濯パンのクリーニング

浴室と洗濯パンのクリーニングにいってきました。

約6年ほど前に戸建ての入居前クリーニングを実施頂いたお客様です。

他にもエアコンなどもご依頼いただき複数日にわたって作業させていただきました。

浴室と洗濯パンの作業前の写真は

浴室はカウンター下部カバーの内側のカビを主体とした汚れや折れ戸と下部のレールカバーの内部が特に汚れていました。レールにカバーがあり取り外すとヘドロ状の汚れが溜まっている状態です。

ここに流れこんだ水を排水する楕円形の排水溝があるのですが、ゴミが流れて詰まらないようにクズ取りが取り付けられているのですが、それが完全に目詰まりしている状態です。

普段のお掃除でここも!とは言いませんが半年に一度ぐらいはカバーを外してお掃除したほうが良いかもしれません。でも一般の方は内部にこんなのがあるのも知らないのかもしれませんね。このタイプは少ないタイプですけどね。

洗濯パンですが重いドラム式洗濯機で両サイドは壁で、可能ならということで挑戦しましたが何とか完了してよかったです。床にエコフルという工事用の養生を敷いて小型の台車2つの上に何とか載せて移動しました。

洗濯パンが洗濯機の足の部分の四隅だけ高いタイプなので可能だったと思います。

洗濯パンの種類や洗濯機の種類、設置状況等で無理な場合もありますね。

クリーニング後ですが

こんな感じで綺麗になりました。


入居前のエアコンクリーニング

入居前のエアコンクリーニングにいってきました。当初もう少し前に実施する予定でしたが、壁紙の貼り替えをすることになったらしくエアコンクリーニングを最後に実施したほうが良いですよ!とご提案したからです。

エアコンクリーニングを実施してから壁紙をはがしたりすると細かい粉塵がエアコン内部に入ったりクロス糊がエアコンのカバーに付着したりとクロス屋さんが気をつけてもどうしても防ぎようないからです。特に今の梅雨から夏場ですとエアコンがあれば、クリーニングしたからエアコンは使わないで!とはいえませんよね。

戸建て住宅の4台をクリーニングしてきましたがやはりリビング設置のエアコンが汚れていました。

前の住人がお掃除されたのか?業者がされたのか?わかりませんが送風カーブにきれいな部分ときたない部分の境目がありますね。結露水が溜まるドレンパンもカビが繁殖しています。

最近はテレビの健康番組や住まいのお掃除特集でエアコン内部のカビが健康を害する場合があると報じられ家庭でできるエアコン掃除として送風カーブに付着したカビを割り箸の先に小さく切った布切れをつけてお掃除する様子が放映されていたりしますが送風カーブだけお掃除してもしかたがないです。ライトで照らしてみるとわかりますが中のファンが汚れているからです。

送風カーブにカビが付着するのは中で回転するファンが汚れていてエアコンを作動させたときに遠心力でカビが飛んで徐々に大きく繁殖していくからです。

ならばエアコン洗浄スプレーで!と思われるかもしれませんが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クリーニング後です。これでお子様のいるご家庭でも安心してご使用できると思います。