入居前のエアコンクリーニング

入居前のエアコンクリーニングにいってきました。当初もう少し前に実施する予定でしたが、壁紙の貼り替えをすることになったらしくエアコンクリーニングを最後に実施したほうが良いですよ!とご提案したからです。

エアコンクリーニングを実施してから壁紙をはがしたりすると細かい粉塵がエアコン内部に入ったりクロス糊がエアコンのカバーに付着したりとクロス屋さんが気をつけてもどうしても防ぎようないからです。特に今の梅雨から夏場ですとエアコンがあれば、クリーニングしたからエアコンは使わないで!とはいえませんよね。

戸建て住宅の4台をクリーニングしてきましたがやはりリビング設置のエアコンが汚れていました。

前の住人がお掃除されたのか?業者がされたのか?わかりませんが送風カーブにきれいな部分ときたない部分の境目がありますね。結露水が溜まるドレンパンもカビが繁殖しています。

最近はテレビの健康番組や住まいのお掃除特集でエアコン内部のカビが健康を害する場合があると報じられ家庭でできるエアコン掃除として送風カーブに付着したカビを割り箸の先に小さく切った布切れをつけてお掃除する様子が放映されていたりしますが送風カーブだけお掃除してもしかたがないです。ライトで照らしてみるとわかりますが中のファンが汚れているからです。

送風カーブにカビが付着するのは中で回転するファンが汚れていてエアコンを作動させたときに遠心力でカビが飛んで徐々に大きく繁殖していくからです。

ならばエアコン洗浄スプレーで!と思われるかもしれませんが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クリーニング後です。これでお子様のいるご家庭でも安心してご使用できると思います。

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です