日立RAS-X40F2のエアコンクリーニング

日立RAS-X40F2のエアコンクリーニングをおこなってきました。

フィルターの自動清掃付き機種です。

フィルター自動清掃付きの中でも一番手間がかかる機種と言っても良いかもしれません。

まず、上下ルーバーが3枚独立して作動できるタイプでそれぞれのモーターと一緒にルバーをはずさないといけません。他の機種みたいに湾曲させて取りはずせません。

電装基盤も右側前面とその下と二つに分かれてあります。

ドレンパンも取り外すのは熱交換器と干渉するため他の機種みたいに、すんなり取り外せません。

2013年モデルぐらいまでは分解は簡単だったのですが、それ以降の機種は一番時間がかかる機種だと思うので、ご依頼時に伝えています。

クリーニング後は

このグレー色のファンも高圧洗浄だけではカビは落ちてくれませんので高圧洗浄後に漂白剤を使用してカビを除去しています。

 

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です