日立の洗濯機クリーニング BW-9TV

日立の洗濯機クリーニングをおこなってきました。簡易乾燥タイプです。

BW-9TVという型式です。

なかなかハードな汚れです。本来はステンレス槽の下側の部分はネジを外しただけでは取り外せないのですが5㎝ぐらい部品が重なっている部分に汚れが溜まっているのでお客様とご相談の上、ステンレスのプレス部分をおこしての作業です。

洗濯機クリーニングを実施したからにはクリーニング後に汚れたカスが洗濯物に付着しない!というのがクリーニングの実施目的ですから可能な限り分解して綺麗にするのがモットーと思っております。(中にはプレスをおこしても部品と部品の隙間が狭すぎて取り外せないものもあります。その際はやはり洗濯機クリーニング後でも若干汚れが出てくる場合もございます)

クリーニング後です。

今回はご実家のエアコンクリーニングもご紹介いただき、ありがとうございました。


東芝の洗濯機クリーニング AW-7D7

尼崎市で東芝の洗濯機分解クリーニングをおこなってきました。 AW-7D7という機種で簡易乾燥付きの洗濯機です。

2018年製造で2年ぐらいのご使用です。2年ぐらいなら汚れは軽いか!?と思いましたが洗濯物に汚れたカスが付着するということでまあまあの汚れだと思います。

分解してみると

洗濯機クリーニング前 洗濯機クリーニング前 洗濯機クリーニング前 洗濯機クリーニング前

まあまあの汚れですね!小さなお子さんがいらっしゃるので、いろいろ汚れますし洗濯頻度も高いのでしょう!

クリーニング後は

洗濯機クリーニング後 洗濯機クリーニング後洗濯機クリーニング後

こんな感じです。

汚れにくくする方法を聞かれましたが、

除菌剤入りの洗剤を使用する。

洗濯機を洗濯かご代わりに使用しない。

使用しないときはフタをあけておく。

洗濯が終了したら早めに洗濯物を取り出しフタを開けておく。

洗濯機置き場の換気。

市販の洗濯槽クリーナーを1か月から2か月に一回使用するぐらいでしょうか。

 


洗濯機分解クリーニング パナソニック NA-FS80H5

宝塚市で洗濯機分解クリーニング パナソニック NA-FS80H5 を実施してきました。2012年製で洗濯したものに汚れがついてくるそうです。このような状況ですと市販の洗濯槽クリーナーや他業者がおこなっている分解しない洗濯機の除菌クリーニングは実施しないほうが良いと思います。

除菌クリーニングは作業前と作業後で菌数の簡易チェックをするみたいですが菌数が減少していれば良いという考え方で除菌クリーニング後でも汚れが洗濯物にいくら付着しようが菌数は減っていますから・・・・という考え方だと思います。

洗濯機の標準使用期間は7年ぐらいですので、今回の洗濯機は2012年製ですので買い替えを検討されても良いとは思いますが今回はクリーニングとなりました。

洗濯機を分解してみると

なかなかハードです。

本来、ステンレス槽と下部の白いプラスチック部分は製造時にかしめられているのでネジをはずしても分解できないのでステンレスとプラスチックの重なり合った5㎝ぐらいの部分に溜まった汚れがクリーニングできません。

写真でも長方形の格子状のところに茶色い汚れの塊が詰まっていますね!

最近はお客様とご相談のうえ、かしめをおこして分解するようにしています。

時々、はずれたのは良いですが組付け時になかなか入らずに焦る場合もあります。

かしめをおこしても部品どうしの隙間が狭すぎて分解できない場合もあります。

おこしたかしめは元通りにはしません。ネジで固定されているので問題はありません。

今回は写真のように分解できクリーニングできました。

 

これで安心してご使用できると思います。市販の洗濯槽クリーナーは分解クリーニングをしてから月一回程度で使用するのがお勧めです。

 


日立の洗濯機クリーニング

日立の洗濯機クリーニングにいってきました。

8㎏の大型でヒーター付きの乾燥機付きになります。

分解したところの写真は

取り外した槽の底面の写真が切れていて見えませんが全体的に汚れていました。洗濯物に茶色い汚れが付くようです。

フィルターが付く白色の長方形の部品も普通に分解すると取り外せません。

ステンレス部分が曲げ加工されていますので、お客様の了解のもと曲げをおこしてバランスリングを外して取り外します。

底のプラスチック部分とステンレス部分の5㎝ぐらいの重なった部分も汚れが溜まりますので、分解できるかわかりませんが曲げ加工をおこして試してみましょうか?とお聞きしたところ、そのままでということでしたので試していません。

以前、日立の他の機種で試したのですがプラスチック部分とステンレス部分は隙間が少ないので多分取り外せないような気がします。

クリーニング後です。

写真のように目に見える部分はきれいにしたのですがクリーニング後の試運転1回目ではフィルター部分に汚れが結構溜まっていました。

その後、試運転を何回か実施してフィルターにゴミが少なくなりましたので作業終了とさせていただきました。

 


日立ビートウォッシュBW-D11XWV

日立ビートウォッシュBW-D11XWVの洗濯機クリーニングをおこなってきました。

ヒーター付きの洗濯乾燥機になります。

上のカバーを取りますと乾燥ユニットなどがありますので、これらを取り外さないと脱水槽を上に抜き上げることができません。配線などを何個も抜きますので、ヒーター付きの洗濯機は洗濯機クリーニングを実施している業者でもハードルは高く実施していないところもあります。他店でできないと言われて当店へ回ってきました。初めての機種ですので当店も出来ます!とは言い切れませんが挑戦はしてみます。

クリーニング後です。

クリーニング後の試運転で糸くずネット部に分解できない箇所の汚れが結構出てきていましたので試運転を汚れが少なくなるまで実施したので時間がかかりました。

底部分のステンレス部分と白いプラスチック部分がネジを外しても製造時にL字に曲げられているため分解できません。この重なりあった部分に汚れが溜まっていますので大変残念ですがクリーニング後でも若干の汚れは出てくる場合があります。


LG製の洗濯機クリーニング

伊丹市でLG製の洗濯機クリーニングをおこなってきました。

一応、ホームページ上では対応不可の洗濯機として外国製の洗濯機としていますが、以前出先からのお電話でメーカーは忘れましたが日本製の洗濯機ですと伺って作業にいったところLG製でして問題なく作業完了した記憶がありますのでお受けしました。

日本製ではこんな部品をみたことがないのですがパルセーターを止めるネジがこの部品に締められます。日本製では直接モーターのシャフトだと思うのですが・・・

こちらのほうが、万一ネジが錆等で破損した場合のことを考えるとこの部品さえ交換したらよいので最適です。今まで破損したことはありません。

分解してみると

洗濯機の底のマス目が日本製より大きくてクリーニングしやすいです。

難点はほとんどの日本製と同じですがステンレス部分とプラスチック部分が製造時に曲げ加工されておりボルトをはずしても分解できないことです。

洗濯機クリーニング後の写真です。

1年ほど前に他店に依頼されて作業中にできませんと中止された洗濯機ですので問題なくクリーニングできて安心しました。

これからはLG製のみ対応可能にしようと思います。

 


東芝の洗濯機分解クリーニング AW-60SDF

尼崎市で東芝の洗濯機分解クリーニング(AW-60SDF)をおこなってきました。

3年半前ぐらいにもご依頼いただいたのですが、市販の洗濯槽クリーナーを使用したところ汚れカスがどんどん出てくるようになったみたいです。

市販の洗濯槽クリーナーは新品からか洗濯機クリーニング後に1~2か月ごとに定期的に使用するといいのでは?と思っております。

今回の機種はなんとかプラスチック部分とステンレス部分が分解できましたので、重なりあった部分の汚れが除去できて試運転後のクズ取りネットにも汚れはなく一人大満足のクリーニングでした!

最近の機種はここが製造時にプレスされているので分解できないのがほとんどで、仕方がないですがクリーニング後でも多少汚れが出てくるのでやるせない気持ちです。


日立ビートウォッシュの洗濯機分解クリーニング

伊丹市で日立ビートウォッシュの洗濯機分解クリーニングをおこなってきました。

型式はBW-V100Aです。BW-V90Aも洗濯容量の違いだけだと思いますので同じような分解例になると思います。

洗濯機クリーニング前の写真です。

3年ほどの使用みたいですが結構汚れています。

10㎏の洗濯機ってヒーター付きの洗濯乾燥機しかないものと思っていましたがヒーターなしのエアジェット乾燥のタイプもあるんですね!

あいにく、ステンレス部分とプラスチック部分が製造時にプレスされていますのでこれ以上は分解できませんでした。

穴が開いているところやステンレスとプラスチック部分の隙間から勢いよく水を流すぐらいしかできません。

でも、結構な汚れが出てくるんです。

時間をかけて汚れがほぼ出なくなるまで流して、お客様に確認していただいて組み立てて試運転して完了しました。

お客様には説明していますが試運転後のクズ取りネットには少し汚れが入っていましたが分解できない限りしかたがないですね。


日立ビートウォッシュBW-8WV の分解クリーニング

日立ビートウォッシュBW-8WV の洗濯機分解クリーニングをおこなってきました。

年末の浴室クリーニングのあとに洗濯ものに、汚れカスがよく付着するということですので、その場でパルセーターという部品を外してみると・・・えらいことになっていました。

2015年製ですから約3年でこの汚れです。

色の薄い汚れは洗剤や柔軟剤の入れすぎや溶けきらなかったのが原因かもしれません。案外、硬い汚れでクリーニングに時間がかかりました。

クリーニング後の写真です。

汚れにくくする予防策を数点お伝えして作業終了となりました。

 


東芝の洗濯機分解クリーニング AW-505

伊丹市で東芝の洗濯機 AW-505 を分解クリーニングしてきました。

5年ぐらい使用とのことですが時々、洗濯物に汚れが付着するとのことでご依頼いただきました。

分解するまでは軽い汚れなのかな!?と思いましたが分解すると結構な汚れです。

最近では珍しくステンレス部分とプラスチック部分が上下共に分解できて汚れもスッキリ綺麗になりました。

ここが分解できないとクリーニングする側もスッキリしませんが最近の機種は分解できないタイプが多いので5㎝ぐらいのステンレス部分とプラスチック部分が重なりあった部分から汚れが出る場合があります。

お客様にはクリーニング前後の雲泥の差をご確認いただいてご納得いただいてはいるのですが・・・すっきりしませんね。