浴室と洗濯パンのクリーニング

浴室と洗濯パンのクリーニングにいってきました。

約6年ほど前に戸建ての入居前クリーニングを実施頂いたお客様です。

他にもエアコンなどもご依頼いただき複数日にわたって作業させていただきました。

浴室と洗濯パンの作業前の写真は

浴室はカウンター下部カバーの内側のカビを主体とした汚れや折れ戸と下部のレールカバーの内部が特に汚れていました。レールにカバーがあり取り外すとヘドロ状の汚れが溜まっている状態です。

ここに流れこんだ水を排水する楕円形の排水溝があるのですが、ゴミが流れて詰まらないようにクズ取りが取り付けられているのですが、それが完全に目詰まりしている状態です。

普段のお掃除でここも!とは言いませんが半年に一度ぐらいはカバーを外してお掃除したほうが良いかもしれません。でも一般の方は内部にこんなのがあるのも知らないのかもしれませんね。このタイプは少ないタイプですけどね。

洗濯パンですが重いドラム式洗濯機で両サイドは壁で、可能ならということで挑戦しましたが何とか完了してよかったです。床にエコフルという工事用の養生を敷いて小型の台車2つの上に何とか載せて移動しました。

洗濯パンが洗濯機の足の部分の四隅だけ高いタイプなので可能だったと思います。

洗濯パンの種類や洗濯機の種類、設置状況等で無理な場合もありますね。

クリーニング後ですが

こんな感じで綺麗になりました。

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です